家族バレしないカードローンの利用方法と大きなポイント

家族にばれずにお金を借りたい

カードローンを申込みするときに心配になる内容は人によって違います。しかし、最も多いのは家族などにばれないかどうかの心配でしょう。カードローンを利用しているのを人にわざわざ知らせる人はいませんし、大抵の人は知られたくないと考えます。知人もそうですが、家族や職場に知られるのを特に嫌がる人が多いです。

 

カードローンの利用が知られないように考えるには、まずはありがちなばれるポイントを知る必要があります。ポイントは本人確認、郵送物、利用明細、返済遅れの4つです。

 

 

電話でばれないために

本人確認は書類と店頭、または電話で行います。特に気を付けたいポイントは電話です。カードローンをネットなどで申込みする場合、連絡先に電話で確認を取ります。

 

この時に、自宅の固定電話を指定していると、家族が電話に出る可能性があります。本人確認の連絡先を携帯電話にしておくか、電話に出る時間を指定しておけば、本人確認の電話でばれる可能性はほとんどなくなります。

 

しかし、電話は本人確認だけでなく、在籍確認もあります。申告した職場に本当に在籍しているかどうかを、これも電話で確認をとります。

 

本人確認とは違い、職場に電話がかかってくるので、これがきっかけでばれないか心配する人が多いです。カードローン会社側もその点は承知しているので、カード会社を名乗りはしません。あくまで個人名を名乗って、電話に出られるかどうかを聞くくらいで終わります。

 

もしも本人が電話に出られれば、それで確認が取れたと伝えられて終わるケースが多いです。

 

郵送物でばれないために

契約を店頭ではなく、電話やネットで行う場合、カードや契約書が郵送で届く場合があります。これも注意が必要です。家族に郵送物をあけられてしまい、ばれてしまう可能性があります。

 

これについては、郵送物が届かないように店頭で受け取るようにするなどの対策が取れます。また、もしも郵送物が届いたとしても、中身を見なければカードローンとはわからないように配慮がされています。

 

例えばプロミスやアコムの名前を知らない人はいませんが、これらのカードが郵送で届いたとしても、差出人の所に消費者金融名は載っていません。

 

また、最近ではプロミスの郵送物のないWeb完結の契約方法で家族バレを防ぐ方もいます。カードレスの選択ができるようになっているので、申し込みから契約まで来店も郵送物も不要で手続きが進められるのです。

 

詳しい内容はプロミスの安心キャッシングを参考にしつつ、公式サイト上で確認してください。

 

利用明細書でばれないために

カードローンの借入れや返済を行うと、利用明細書が発行されます。カードローン初心者が特に気を付けたいのが、この利用明細書です。契約時の郵送物には気を使っても、利用明細書までは頭に入れていなくて、ばれてしまうケースもあります。

 

利用明細書は、提携ATMで借入れをした場合などに発送されます。家族にばれないようにしたい人にとっては、利用明細書の発送は非常にやっかいですが、こちらも封を開けなければ、カードローンのものとはわからないようにはなっています。

 

利用明細書についての対策は、組んだカードローン会社のATMを利用して、その場で受け取るようにする方法があります。その場で発行されれば発送はされません。

 

また、カードローンの種類によっては、WEB明細も選択できます。これなら郵送で届かずに、インターネット上での管理なので安心です。

 

返済遅れでばれないために

カードローンがばれるきっかけで一番嫌なのが、返済遅れがきっかけでばれるケースです。カードローンの利用だけでなく、返済が遅れているという状況までばれてしまうので、一番嫌なケースといえます。

 

返済が遅れると督促状や電話での連絡がきます。これに対する対策として、そもそも返済が遅れないように利用するのが一番です。しかし、返済日をうっかり忘れてしまうケースや、どうしても急用で、返済に行く時間が取れなくなる時もあります。

 

止むを得ない時には先手を打ってこちらからカードローン会社に連絡を入れておけば安心です。また、何かあった時の連絡先には、携帯電話の番号を知らせておけば、そちらに優先的にかけてもらえます。

 

銀行でも消費者金融でも、長期に渡って返済が遅れれば何らかの連絡や通知が届きます。借り入れが多くなって返済が負担になっている、返済先が多くて管理が大変だと感じるなら、負担を軽くするためのおまとめローンの利用を検討してみましょう。

 

金利や利便性で選べばおまとめローンも失敗しづらいので、申し込みを進める前におまとめローンの注目金利をよく見ておくと良いでしょう。