在籍確認でばれる可能性

在籍確認でばれる可能性

カードローンの利用をばれないために、カード会社側でも様々な配慮をしてくれています。ばれるという観点で言えば、最も不安に感じるのが在籍確認です。

 

カードローンを契約する時には、様々な情報を記入します。生年月日や住所などもそうですが、ポイントとなるのは年収や勤務先の情報です。返済について考えれば、その人の年収がいくらで、どういった仕事をしているのかは重要です。

 

勤務先などの情報が重要視されるのは、カードローンを申込む側もある程度想像がつきます。中には、審査で有利になるようにウソの申告をする人もいます。そこでカード会社側では、申告した職場に本当に在籍しているかを電話で確認します。

 

方法は単純に職場への電話で行います。それがきっかけで職場の人にカードローンの契約がばれるか心配する人は多いです。

 

しかし、在籍確認の電話で職場の人が電話に出ても、個人名を名乗ってくるのでそこからカード会社名が漏れるわけではありません。本人が電話に出たと確認が取れた時点で、初めて在籍確認だという説明が入ります。

 

それでも、勘のいい人には在籍確認の電話だとばれる可能性はあります。また、個人情報保護の観点から電話での在籍について応じてもらえないケースや、職種上電話に出るのが困難な職場であるケースもあります。大手消費者金融などであれば、事情を話せば在籍確認を保険証や給与明細でしてくれる場合もあります。

 

在籍確認は電話以外の書類でも可能としてくれる借り入れ先があります。有名なところではモビットの電話不要の即日融資となります。